Gallery

Gallery andu amet Workshop 〜エチオピアの香りでつくる日焼け止め&美白クリームづくり〜

2013年9月5日

9月に入ったとはいえ、まだまだ日差しも強烈で蒸し暑いこの季節。女性にとっては、ひと夏中紫外線を浴びたお肌が気になり出す頃ですね。

先日開催したGallery andu amet企画第3弾では、そんなお肌ダメージが気になるこの時期ぴったりのワークショップを行いました。

テーマはエチオピアの「アロマ」。
エチオピアでの宗教行事などの際、かならず焚かれるという乳香から作られる精油「フランキンセンス」の香りをベースに、日焼け止め&美白クリームづくりをしていただきました。

コーヒーセレモニーの様子。お香を炊き、コーヒー豆を炒ったり挽いたりするところから始まり、カップにゆっくりコーヒーを注ぎいれるまでが、なんとも美しい所作で行われるのだそう。

今回の参加者も全員女性。開始前から誰ともなく会話が弾み、にぎやかな雰囲気に。

また、ありがたいことに「WSも楽しみでしたけど、ずっとandu ametのバッグを実際に見てみたかったんです。」と言ってくださった方も。エチオピアシープスキンのふわふわと柔らかい皮の質感を楽しんでいただきました。

本日の講師は、埼玉県日高市でアロマ&ハーブ専門店を営む大塚真理さん。
大塚さんの気さくでお茶目なお人柄と柔和な笑顔に、参加者のみなさんもすっかりリラックスムード。

まずは大塚さんからエチオピアの民族や文化についてのお話。

実は大塚さん、2000年に青年海外協力隊としてエチオピアへ赴任した経験をお持ちなのです。
そしてたまたま参加者のみなさんの中にもエチオピアにゆかりのある方も多くいらっしゃり、WSの間中エチオピアでの思い出話に花が咲きました。

エチオピアの伝統舞踊について話しているうちに乗りに乗ってきた大塚さん。ダンスまで披露してくださいました! 

そしていよいよクリームづくり。
まずは大塚さんからクリームの原料やアロマオイルの効用についてご説明。

唯一の天然の日焼け止め成分「フェルラ酸」。通常、市販の安価な日焼け止めには入っておらず、高級な化粧品に含まれるという、大変貴重なものだそうです。

また、日焼け止め成分だけではなく美白&アンチエイジング効果もあるので、今回作ったクリームは日中は日焼け止めとして、夜は美白クリームとして使えてしまうのだそう。なんて魅力的!


エチオピアの香り、フランキンセンスをベースに、ラベンダー、ネロリ、ゼラニウム…たくさんの精油の中から、自分の好きな香りや効用のあるものをブレンドします。

ブレンドする精油のアドバイスも。

 本日最年少のそらちゃん。お母さんと一緒に挑戦! 

カチャカチャ、まぜまぜ。皆、手元に集中!

 原料を湯煎して、クリーム状になるまでよく混ぜたら完成! 

ギャラリー中に様々なアロマオイルの香りがふわっと立ち上り、参加者の方だけでなくスタッフもうっとり。肌なじみがよく、さらりとした感触の気持ちいいクリームが出来上がりました!

好みの香りで作ったオリジナルのクリームに、参加者のみなさんもうれしそう。

オリジナルのクリームと一緒にパチリ。大塚さんはお洋服に合わせてHug HugのNile Breezeを持ってくださりました。

今回のワークショップも盛況のうちに無事終了。次回のワークショップの詳細は未定ですが、決まり次第ブログやFacebookでお知らせいたします!

みなさんぜひご参加くださいね。

大塚さん、本当にありがとうございました!

*講師を務めてくださった大塚真理さんのブログ「高麗香草~ハーブ魔女の暮らし」

You Might Also Like