工房秘話

品質問題、その後

2012年3月1日

こちらでのご報告が遅くなってしまったのですが、以前ポストした製品の品質問題(「2/13 ファーストサンプル」参照)は、その後、日本の職人やエチオピアの技術指導者たちと何度も話し合い、トライアンドエラーを繰り返して、問題点は全て解消されました!

たとえば、しわ。

エチオピアンシープスキンは、他のレザーとくらべて非常に薄く、だからこそしなやかで柔らかい、独特の風合いが楽しめるのですが、その分、縫製時にしわや傷ができやすいという欠点があります。

エチオピアンシープスキンは世界でも最高峰と謳われるほど素晴らしい素材ですが、にも関わらず日本にほとんど入ってきていません。その理由の一つとして、素材の繊細さゆえ、非常に高い縫製技術が必要とされ、
量産ができないということもあげられています。

本来であれば芯材などを利用して問題を解消したいところですが、副資材の種類が少ないエチオピア。
代わりにありとあらゆるもので試した結果、実は”ある身近な文具”で、しわをなくすことに成功しました!

その他にも、パーツをひとつひとつ工房で、andu ametのバッグに合うように再加工したり糸に一工夫をしたり…

手間ひまをかけ、丁寧に作り直したものを再度日本へ送り試用した結果、問題がなかったため、全ての製品を改めて生産し直し、販売できることになりました。

4月22日よりローンチするフェイスブックページ内のウェブショップを皮切りに都内セレクトショップ・専門店などでもお取り扱いいただく予定です。

詳細は、andu amet facebook pageにて追ってご報告いたします。
どうぞお楽しみに!

IMG_3669

You Might Also Like