Everyday Things

安心感をくれるもの

2018年4月9日

こんにちは。プロボノスタッフの内田です。

季節はすっかり春になり、東京ではあたたかく(時には暑く)感じる日も多くなってきた今日このごろ、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

ところで、4月2日(月)より今年度が始まりましたね。
新社会人のみなさま、新入生のみなさま、おめでとうございます!
ワクワクした気持ちだけでなく、ドキドキ不安な気持ちを持って4月を迎えた方も多いことと思います。

私もほんの数年前に新社会人となり、不安な気持ちで春を迎えた一人です。初めての東京での一人暮らし、初めての”仕事”、新しい仲間や環境・・・。実はワクワクより、不安の方が大きかったことを覚えています。

そんな私に少しの勇気をくれたのが、その時、母から譲り受けた1足の革のレースアップシューズでした。今から30年ほど前、母が20代のころに履いていたものです。
革にはいくつもの傷がついていますが、それがとても良い”味”になっています。

母と一緒に時を重ねた靴を自分も履くことで、なんだか安心感をもらえる気がして、特別なプレゼンがある日や、大事なお客様と打ち合わせがある日など、いつもより少し勇気をもらいたい日には、今でもその靴を履いて仕事に向かっています。

母からもらった靴写真

実は、私がandu ametの製品を愛用しているのも同じ理由で、手にしていると、なぜか不思議とほっと安心できるような、幸せな気持ちになれるからなんです。

それは、赤ちゃんのほっぺのような独特の革の質感だけによるものではなく、素材となる動物や自然環境、生産にあたる職人たちへの敬意や愛情が注がれて作られていることや、(大量生産の工場にみられるライン方式の分業ではなく)ひとつの製品を最後まで1人の職人が、魂をこめてハンドメイドで作っていたりすることなども、関係しているような気がします。

新しい環境に身を置いたりと、緊張することも多い季節ですが、そんなときはぜひ皆様も、手にすることでほっと安心できるようなアイテムを選んでみてくださいね。

anduamet写真

You Might Also Like