Philosophy

光への道

2013年8月20日

子供のころ、神様はなぜ私たちを完璧ではなく作ったのだろうと、よく考えていた。
人間は弱い生き物。
私もこれまでもたくさんあやまちを犯してきたし
これからもたくさんのあやまちを犯してしまうのだろうと思う。

そんな自分がエシカルを目指したブランドを立ち上げることに、
初めから抵抗がなかったわけではもちろんない。

でも一方で、弱い自分だからこそ見たい光の景色があった。
だいたいパーフェクトな人間しかエシカルブランドができないのだとしたら、
社会がそれしか認めないのだとしたら、
これからもこの先もエシカルブランドなんて存在し得ないだろう。

前述の問いだが、最近では、
闇から光ある方へ少しずつ進んでいく”喜び”を与えるために
神様は私たちを不完全に作られたのかなと考えている。

これからも自分が進みたいと思う道、光のある方向を目指して
長い道のりの間、時々迷ったり、休憩したりもしながら、
自分を諦めずに、てくてく進んでいこうと思う。

写真 - 2554

You Might Also Like