Philosophy User's Voice

大切な贈り物

2014年1月9日

先日までそごう横浜店で開催されていたポップアップブティックで
印象的なお客様がいらっしゃいました。
Hug HugのMiMiを指名でご購入くださった方なのですが
男性だったので、
「どこかでandu ametのことを知っていただいたのですか?」とおたずねしたところ
「去年テレビでたまたまこのバッグを見かけて、この形と色がひとめで気に入ったんです。
でもその時はあげられる人がいなくて…実は昨日、ずっと好きだった人に告白したらOKしてくれたので
このバッグを贈りたくて、まっさきに来ました。」
「でもテレビで見ていたより実物はもっとずっと素敵。
絶対に気に入ってもらえると思う。彼女の笑顔を見るのが楽しみ!!」

私は嬉しくてちょっと涙が出そうになりました。

andu ametはエチオピア支援ブランドとかフェアトレードブランドとかといわれることも多いけれど

”かわいそうな途上国のためにお情けで買ってもらうようなもの”だけは作りたくないと常々思っています。
<たとえ途上国で雇用を創出していても、環境に配慮した工場で製造された革を使っていたとしても その製品が使われなかったら結局は、資源を使ってこの世に新たなゴミを作っていることだから。 作るひとも、使うひとも、贈るひとも、贈られるひとも、 手にする”全ての人”が幸せになるような物を作りたい。 そのために、 触れた瞬間幸せになってしまう、極上のエチオピアンシープスキンを贅沢に使い、 Happyをコンセプトにした、オリジナルのデザインにこだわり、 ゆっくりとしたアフリカンタイムの流れの中だからこそできる 時間をかけ、心をこめた丁寧なものづくりを これからも続けていきたいと思います。 それが、私たちの考える次世代のラグジュアリーです。

You Might Also Like