Philosophy User's Voice

the Behind Story

2017年12月16日

ポップアップストアや毎週土曜日に開催しているGallery andu ametでは、これまでたくさんのお客様とお会いし、素敵なお話をお聞きしました。

たとえばGallery andu ametにいらしてくださった方。お持ちのHug Hugをお嬢さまと一緒に使ってくださっているとのこと。この日は爽やかなNile Breezeを新しくお選びくださいました。“これもきっとすぐとられてしまうわ、娘は青が大好きなの”と、穏やかな笑顔のお姿が印象的でした。次回は是非お二人でギャラリーに遊びにいらしてくださいね。

それから百貨店で開催したポップアップストアでお会いした方。andu ametは気になっていたけれど催事は知らずたまたま通り掛かったの、と驚かれていました。そしてオレンジ色が好きだというお客さまの目の前にはその日限定カラーとしてお出ししていたオレンジ色のGift MiMiが…。“巡り合わせだわ!”とおっしゃって頂き私どもも幸せな気持ちに。明るいお人柄に鮮やかなオレンジがとてもお似合いでした。

幾度となくGallery andu amet来てくださる方もいらっしゃいます。andu ametのデザインはもとより理念に共感してくださり、“プレゼントはストーリーを大事にしたい”と、贈り物は必ずandu ametでご購入くださるそう。贈られる方に思いを巡らせ色や形を選ばれるそのお姿に、私どもも改めて理念を貫き、手に取ってくださる方を思いながらものづくりをしていきたいと意を新たにしております。

IMG_6653

IMG_9230
多くの場合、ショッピングはお店で選んでお金を払って、それでおしまい。誰がどんな思いでそれを作ったか、どんな土地で育まれた材料がどのように使われ作られているのかを、お客様が知る事はほとんどないし、どんなお客様がどんな思いで選んだのか、どんな風にして使われているかを生産者側が知る事もありません。

でも、たとえばバッグを手にした人が、その色や形といった目に映るところだけではなく、ナイル川やどこまでも広がる草原といった産地の美しい風景、咲き乱れるアフリカの花の匂い、職人たちの真剣な眼差しや笑顔まで想像して楽しむことができたら、それこそ本当に豊かで贅沢なことだと思っています。
同様に職人たちにとっても、製品が販売されている日本はどんな国なのか、お客様がどんなに製品を愛し大切にしてくださっているか知ることができたら、それはこれ以上ない喜びになります。

IMG_9956

ものをただ作って売るだけではなく、これまでは全く接点のなかったお互いがお互いを知り、ひととせひととせ友情や敬意を築き上げて行ける、そんな場をandu ametを通じて作って行きたい。
それが、私がこのブランドをはじめた理由のひとつです。

ポップアップストアやGallery andu ametにいらっしゃる際は、是非これからもみなさまのエピソードを教えてくださいね。

You Might Also Like